「NRF」に魅せられて30年――パナソニック大島誠が考える小売業界の現在地と未来像

このエントリーをはてなブックマークに追加
リンクをコピー
メールで送る
0027


取材・文:相澤良晃、写真:井上秀兵

小売分野で世界最大級のカンファレンス「NRF 2020 Retail's Big Show & Expo(以下、NRF2020)」が2020年もニューヨークで開催された。このイベントに1991年から継続して参加しているのがパナソニック コネクティッドソリューションズ社の大島誠氏だ。小売業界の潮流を分析し、ソリューション事業に長らく携わってきた大島氏は、「NRF2020」から何を感じたのか。イベントの魅力や歴史、そして小売業界が目指すべき未来についてうかがった。

大島 誠(マック大島)

パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 エグセクティブ インダストリースペシャリスト

日本での「オムニチャネル」の推進第一人者であり、流通・小売業におけるDX推進のアドバイザーとして活躍。30年近く「NRF Retail's Big Show & Expo」にも参加している“ミスターNRF”。外資系IT企業にて小売業・流通業のソリューション・スペシャリストとして、長年システム導入、業務改革を支援。また、日本のみならずグローバルな小売業の動向や、MDシステム等のIT動向を研究。オムニチャネルの本質を紐解き、大手小売業のオムニチャネル戦略などにも従事。体感型最新小売業視察ツアーも数多く企画、催行している。2018年10月より、パナソニック株式会社 CNS社にて小売業や流通業の現場におけるプロセスの効率化を推進している。

課題解決のためなら手段は選ばない!大島氏が考えるソリューションビジネスの真髄

――まずは大島さんのこれまでの経歴について教えてください。

大島:私が社会人生活をスタートさせたのは平成元年(1989年)です。日本IBMにシステムエンジニアとして入社しました。10年勤務した後に独立し、以来、製造・物流・小売など、おもにサプライチェーンに関連する企業のコンサルティング業務に従事してきました。その一方で、海外の最新ソリューションを日本に広める仕事にも携わっていました。


大島誠氏

パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 エグセクティブ インダストリースペシャリスト 大島 誠氏

そうした経験を評価していただいて、2010年9月に日本オラクルに入社。オラクルはアメリカに本社を置く、企業向けソフトウェアのメーカーです。「これからは単に製品を販売するだけでなく、製造業を中心にソリューションを提供するビジネスを展開したい」とのことで、お呼びがかかったわけです。

お客さまの課題をうかがってその解決策を提案するのですが、私は他社の製品でも、お客さまのためになると思ったら勧めていました。「徹底的にお客さまの立場になって考える。お客さま自身になったつもりで、本気で頭を悩ませる」。そうすると、自社の利益を追求することは二の次になってくるんですよ。全力でお客さまの課題を解決することが大切だと、私は考えています。

このポリシーは、2018年10月にパナソニック コネクティッドソリューションズ社(以下、CNS社)に入社してからも基本的には変わっていません。お客さまのためになると思ったら、パナソニック以外の製品も考慮にいれた最適なソリューションをご提案したいと思っています。

――いくら相手のためだとはいえ、他社製品もソリューションに組み込んで提案してしまって、ビジネスとして成り立つのでしょうか?

大島:課題を解決することでお客さまのビジネスが成長すれば、必ずめぐりめぐって自社の利益につながります。少し先のステージをイメージしてほしいのですが、お客さまに信頼され、末永くお付き合いをしていけば、いつかまた困りごとが出てきたときに相談されるでしょう。必ず利益を得られる機会はやってきます。

ソリューションビジネスで大切なのは、お客さまに寄り添い、真にお客さまの立場になって課題や悩みを解決することです。「パナソニックにお願いしたら、解決できた」と喜んでもらえれば、それでいいのです。もちろん、「パナソニック製品の導入=課題解決の最適なソリューション」となるのが理想です。しかし、現実的には当社だけでは解決できないケースもあるはずです。そんなとき、目先の利益にとらわれ無理に自社製品だけを売り込めば、お客さまの信頼を失いかねません。結果的にビジネスは先細りになってしまいます。

お客さまのことを第一に考え、最適なソリューションを提案する。これはまさにCNS社が掲げる「現場プロセスイノベーション」のビジョンでもあります。

大島誠氏

NRFイベントは小売業界の1年を決定づける「決起会」

――では、リテール業界における世界最大級のカンファレンス「NRF Retail's Big Show & Expo」についてお伺いします。そもそも「NRF」とは何でしょうか。

大島:少々ややこしいのですが、「NRF」とはイベントを主催する全米小売業協会(The National Retail Federation)のことです。会員数は約160万社。世界最大の小売業団体で、スーパー、百貨店、専門店、外食チェーン、ドラッグストア……などなど、ありとあらゆる「小売」が加盟しています。インターネット通販業者も名を連ねているのが面白いところです。

その全米小売業協会の年頭決起集会がイベントとしての「NRF Retail's Big Show & Expo」の元祖です。第1回が開催されたのは1911年。以来、戦争や大恐慌などに見舞われながらも毎年開催されてきました。その歴史からは、「我々がアメリカ経済を支えているんだ!」という自負が感じられます。

NRF Retail's Big Show & Expo

2020年が109回目の開催となった「NRF Retail's Big Show & Expo」

というのも、アメリカでは就業人口の4分の1にあたる約4200万人が小売業に従事しており、戦前から現在にいたるまで国内総生産(GDP)の4分の1を生み出し続けてきました。つまり、小売業界が活性化しないと、アメリカ経済全体が活性化しない。NRFの決起集会はアメリカにとって経済の4分の1を占める小売業界全体のさまざまな問題やルールについて議論する場です。

個人的には、世界最大の規模を誇るアメリカの小売業界のキーマンが年頭に集い、1年間の方針を決定づけるイベントとして捉えています。そのような重要な意味をもつので、今日まで途切れることなく発展的に続いてきたというわけです。

――大島さんが「NRF Retail's Big Show & Expo」に初めて参加したのはいつですか。

大島:1991年です。以来、1995年を除いて毎年参加していて、これまで計28回、1996年からは24回連続で参加しています。小売業界はトレンドに敏感ですから、「いま世界はどこに向かっているのか、世界で何が注目を集めているのか」をつかむためには「NRF Retail's Big Show & Expo」が最適な場です。コンサルティングをなりわいとするうえで大いに役立つため、毎年足を運んでいます。

大島誠氏

30年間、小売業界に寄り添い続けた大島氏が語る、業界の変遷

――この30年、「NRF Retail's Big Show & Expo」はどう変化してきましたか。

大島:展示規模が大きくなり、当初の「決起会」という役割より、技術の見本市としての意味合いが年々、強くなっていると感じます。109回目となる2020年は、世界100か国以上から4万人が参加しました。私がはじめて参加した1991年はせいぜい5000~6000人程度。会場はさほど大きくなくて、展示スペースもごくわずか。会場近くのヒルトンホテルのホールで、いくつかセッション(講演)を聞いたことを覚えています。

当時のセッションで印象に残っているのは、「流通・物流の効率化」というテーマで、「ハンガー納品に使うハンガーを業界で統一しよう」と盛んに議論していた光景です。前述したように、もともとこのイベントは小売の代表者たちが業界の課題を報告して、その解決策について話しあう場でした。製品や技術の展示は、あくまでもその添えものという位置づけです。しかし、10年ほど前から「議論」と「展示」の比重が逆転したように思います。


【用語解説】
ハンガー納品
衣料品を1着ずつハンガーに吊した状態で輸送する方法。シワや型崩れなどを防止し、そのまま店頭に並べられるというメリットがある。


――なぜ、そのようになったのでしょうか。

大島:ITが登場し、さらに世の中全体の技術進歩が加速していることが大きいと思います。これまでの流れを振り返りながら、ご説明しましょう。

これより先は、Panasonicサイトのフルコンテンツ版をダウンロードしてお楽しみください。
以下のボタンからPanasonicサイトへ移動します。

続きはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
リンクをコピー
メールで送る

GEMBA

関連記事